• 未分類
  • オリゴ糖摂取の仕方

    では、オリゴ糖の摂り方について紹介していきましょう。オリゴ糖は、糖の一種です。色々な種類があり、フラクトオリゴ糖、乳果オリゴ糖、大豆オリゴ糖など、それ以外にもたくさんあります。食物からとるなら、ゴボウやにんにくなどの野菜やハチミツなどに含まれています。しかし、その量は少量なので、食物から摂る事はなかなか難しいと言えます。そこで、オリゴ糖のサプリメントなどを利用すると効率よく摂る事が出来ます。

    甘みもあるので、甘味料のように使用する事が出来ます。オリゴ糖を摂る時の効果的な方法ですが、オリゴ糖のみをとっても体内にいる善玉菌は数が限られています。そこで、善玉菌の元となる乳酸菌やビフィズス菌と一緒に摂る事がおすすめです。すると、善玉菌と善玉菌のエサとなるオリゴ糖が一緒に腸内投入されるので、何倍もの効果が期待出来ます。それから、オリゴ糖を摂る時の注意です。便秘薬ほどではありませんが、摂り過ぎてしまう事で腹痛が起きる事があります。

    様子を見ながら摂取するようにして下さい。また、腸内の菌には個人差があります。従って、オリゴ糖の種類によっても、合う合わないがあるようです。そのあたりも、摂りながら様子を見る必要があります。オリゴ糖を摂って善玉菌を増やす事で、便秘解消以外の健康効果もあります。腸は健康の要です。オリゴ糖で丈夫な腸を手に入れてください。

  • 未分類
  • 便秘役よりオリゴ糖!

    便秘の解消法として、先ほど紹介した以外に便秘薬を使用するという方法があります。あまりにもひどい場合は、利用するのもいいかもしれません。ところが、便秘薬にはデメリットがあります。便秘薬は、腸を刺激する事で便通を促すという方法をとっています。腸への刺激が強すぎて、お腹が痛くなったり、下痢になってしまう事もあります。また、何度も使うと刺激に効果がなくなってしまう事があります。

    それから、腸を刺激しても根本的な解決にはなっていないので、解消されるのは一時的かもしれません。そこで、おすすめするのがオリゴ糖です。先ほど、便秘を解消するためには、腸内菌のバランスを整える事が大切とお伝えしました。腸内菌は大きく分けて、善玉菌と悪玉菌があります。これらは、お互いに増えたり減ったりしています。

    善玉菌には、腸の活動を活発にしたり、便を排出する働きがあります。逆に悪玉菌はその反対の働きがあり、悪玉菌が増えると便秘になりやすくなってしまうのです。ですから、バランスが良い状態というのは、善玉菌が多い状態を言います。そこで、オリゴ糖の登場です。オリゴ糖は善玉菌のエサとなり、善玉菌の活動を応援する効果があります。オリゴ糖を取り入れる事で、善玉菌を増やす事が出来るのです。一時的に腸を刺激する便秘薬よりも、根本を改善できるオリゴ糖の方が便秘には効果があるのです。

    関連HP〈私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~
    オリゴ糖を取り入れて便秘を解消した体験談が読めます。